「日本の大学における研究支援人材(URA)の パフォーマンスに関する実証分析と実務への反映」

  • 日程:
    2021年10月23日(土)
  • 時間:
    15:00-17:30
  • 会場:
    Zoom Webinar によるオンライン開催
  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター

  • 言語:

    日本語

  • 申込:

    要事前申込(参加無料)。下記参加申込フォームからお申込みください。
    前日10月22日(金)にZoomURLをメールにてお送りいたします。

    申込締切:2021年10月21日(木)17:00まで

開催概要

大学研究における外部資金の比率が上昇し、競争環境が強まるにつれて研究資金獲得に向けた組織的活動が重要な役割を果たすようになりました。このような背景から近年、多くの研究大学で専門的な知識やスキルを持つ研究支援人材(URA)による活発な研究支援活動が進展しています。これら研究支援人材の業務は外部研究資金関連を中心に広範に及ぶため、人材間の協働が不可欠です。しかし、業務の多様性や境界の曖昧さから研究支援人材の活動やスキル、職場環境の実情は把握しにくく、その職場環境に何が求められるかなどについてもこれまで明らかにはされてきませんでした。

本セミナーでは、研究支援人材にとって協働に適した職場環境と活動成果との関係を明らかにすることを目的とした実証分析の結果をエビデンスとして、研究支援人材が活躍するための要件について、実務家および研究者を交えて議論を行います。

プログラム
  • 【背景説明】

    渡部俊也 (東京大学未来ビジョン研究センター 教授)

  • 【実証分析報告】

    伊藤伸 (東京農工大学大学院工学府産業技術専攻 教授、農工大ティー・エル・オー株式会社 代表取締役社長)

  • 【パネル討論】

    【モデレーター】
    渡部俊也 (東京大学未来ビジョン研究センター 教授)

    【パネル】
    伊藤伸 (東京農工大学大学院工学府産業技術専攻 教授)
    高橋真木子 (金沢工業大学大学院 教授)
    平田徳宏 (信州大学学術研究・産学官連携推進機構 リサーチアドミニストレーション室 准教授)
    福嶋路 (東北大学大学院経済学研究科 教授)
    吉岡(小林)徹 (一橋大学経営管理研究科経営管理専攻 講師)
    下岡有希子 (文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課 産業連携推進室長)

お問合せ

東京大学未来ビジョン研究センター
産学及び社会連携研究ユニット事務局
Email:wlab★ifi.u-tokyo.ac.jp (★→@)