SSUフォーラム“地経学アクターとしての日本:大国間競争における舵取りとは”を開催しました