SSUフォーラム/GraSPPリサーチセミナー “インド太平洋戦略:オランダ政府のインド太平洋政策指針と欧州連合(EU)の取り組み”

  • 日程:
    2021年06月11日(金)
  • 時間:
    10:30-11:30
  • 会場:
    Zoomによるオンライン(Webinar)
    ご登録完了後、会議前日に事務局より招待URLをお送りします
  • 言語:

    英語 *同時通訳あり

  • 主催・共催:

    東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット
    駐日オランダ王国大使館
    東京大学公共政策大学院

    未来ビジョン研究センターは、今後の活動についての情報を提供するため皆様の個人情報を収集させていただいております。
    この情報はいかなる第三者にも開示致しません。

定員に達したため申込みを締め切りました。
概要

過去10年間、インド太平洋地域は、急速な世界経済成長の牽引役を担ってきました。しかしながら、この世界規模の経済成長は、インド太平洋の海上通商路における地政学的係争と緊張の高まりを伴うものでした。そのような状況の中で、オランダとEUは、インド太平洋地域の安定を重視するのみならず、同地域における法の支配、と人権の尊重、自由貿易の重要性に強い関心を持ってきました、
オランダ政府は、インド太平洋地域とのさらなる関係強化を目的として、2020年に独自のインド太平洋政策指針を策定しました。それ以来、オランダ政府は、この政策指針の履行に向けて行動してきました。2021年3月22日、オランダ政府はフリゲート艦(HNLMS Evertsen)をインド太平洋地域に派遣することを発表したように、オランダはインド太平洋地域に関与する姿勢を示しきています。
これらの進展を背景に、このたび東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット及び公共政策大学院が共催する今回のSSUフォーラム/GraSSPリサーチセミナーでは、ペーター・ファン・デル・フリート在日オランダ王国大使(H.E. Peter van der Vliet)をお招きし、インド太平洋政策指針に基づくオランダ政府の取り組みについて講演いただきます。具体的に、ファン・デル・フリート大使より、オランダ政府のインド太平洋政策指針の策定の経緯、またこの政策指針で達成しようとしている目標、およびEUインド太平洋戦略に基づくヨーロッパ全体の政策形成過程におけるオランダの関与について説明します。このウェビナーでは、イー・クワン・ヘン東京大学公共政策大学院教授が討論者として参加し、また全体の議論のモデレーターは、藤原帰一東京大学法学政治学研究科教授が務めます。
オランダ政府のインド太平洋政策指針をテーマとしたこのたびのウェビナー、ぜひご参加ください。

登壇者

ペーター・ファン・デル・フリート閣下 (駐日オランダ王国大使)
藤原 帰一 (東京大学法学政治学研究科教授)*開会挨拶、司会、ディスカッサント
イー・クアン・ヘン (東京大学公共政策大学院教授)*ディスカッサント