オンライン開催:AIサービスに対するリスクベースアプローチ:リスクチェーンモデルと採用AI

  • 日程:
    2021年07月15日(木)
  • 時間:
    16:00-18:00
  • 会場:
    オンライン(Zoomウェビナー)
  • 参加費:

    無料

  • 参加申込み:

    要事前申込み。申込フォームからお申込みください。
    ※7月14日(水)午後1時過ぎに招待URLをメールにてお送りしました。受信できていない方は、問合せ先までお知らせください。

  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター

定員に達したため申込みを締め切りました。
概要

人工知能(AI)サービスや製品の社会実装が拡大する一方で、AIの信頼性や透明性に関する問題が課題となっており、各国・企業においてガイドライン策定やツール開発などの様々なアプローチが開発されています。

しかしAIサービス毎に重要なリスクが異なる、AIモデルだけではリスクを十分に対応し続けることができない可能性がある、ユーザーを含む人間がリスク要因になる可能性があるなどの課題から各アプローチを十分に実践できていない状況があります。

これらの課題を解決するために、東京大学の研究グループが開発したリスクチェーンモデル(RCModel)を本イベントでは紹介します。採用AIを事例として、AIサービスや製品にとって重要なリスクは何なのか、誰がそのリスクに責任を持つのか、どのようにしてリスク対策(ツールの選択等)を検討するのかを考えていきます。

【参考】政策提言「AIサービスのリスク低減を検討するリスクチェーンモデルの提案

プログラム
  • 16:00
    RCModelの紹介と事例の説明

    東京大学未来ビジョン研究センター客員研究員/デロイトトーマツリスクサービス 松本敬史

  • 16:30
    ケースの評価

    パネリスト:
    株式会社ファンリーシュ 代表取締役 志水静香
    NEC AI・アナリティクス事業部 シニアデータアナリスト 本橋洋介
    東京大学未来ビジョン研究センター 教授 城山英明
    東京大学未来ビジョン研究センター 客員研究員/デロイトトーマツリスクサービス 松本敬史
    司会:
    東京大学未来ビジョン研究センター 准教授 江間有沙

  • 17:00
    休憩
  • 17:10
    リスクシナリオの検討

    パネリスト:
    株式会社ファンリーシュ 代表取締役 志水静香
    NEC AI・アナリティクス事業部 シニアデータアナリスト 本橋洋介
    東京大学未来ビジョン研究センター 教授 城山英明
    東京大学未来ビジョン研究センター 客員研究員/デロイトトーマツリスクサービス 松本敬史
    司会:
    東京大学未来ビジョン研究センター 准教授 江間有沙

  • 17:50
    RCModelの今後の展開
問合せ先

東京大学未来ビジョン研究センター
技術ガバナンス研究ユニット事務局
ifi_tg★ifi.u-tokyo.ac.jp(★→@に置き換えてください)