コンゴの平和構築プロセスにおける市民社会のリーダーシップ

  • 日程:
    2021年10月09日(土)
  • 時間:
    18:00-20:00
  • 会場:
    ZOOMでのオンライン開催となります
  • 言語:

    日本語・フランス語(通訳あり)

  • 主催:

    NPO法人RITA-Congo

  • 共催:

    東京大学未来ビジョン研究センターSDGs協創研究ユニット
    三菱財団助成研究「コンゴの紛争資源問題と性暴力に対する先進国の責任」

  • 参加登録:

    *参加登録締め切り:10月07日(木)23時59分

  • お問合せ先

    NPO法人RITA-Congo事務局 office★rita-congo.org (★→@)

概要

紛争影響地域において平和構築を実現するためには、抑圧と暴力によって築き上げられた紛争主体間の利害構造を解体し、市民の生命と人権が守られる社会へと転換することが必要です。しかしながら、国連を中心とする国際社会が実施する平和構築策はときに、紛争主体間の利害構造を維持したまま「非武装化」のみを目指し、脆弱な土台の上に平和と安全を築こうとすることによって、社会の中に支配的な権力構造と暴力を残存させています。武装勢力が紛争に勝利して政権を奪取したり、不正選挙によって民主主義が損なわれたりするなかで、それでもなお正義、平和、繁栄をめざす国づくりへと転換するためには、市民の生命と人権の尊重を第一義におく市民社会のリーダーシップを平和構築の中核に据える必要があります。しかし、長年の直接的暴力と構造的暴力にさらされてきた紛争影響地域において、市民社会が主体性を持ち、平和構築の中核を担うことは容易ではありません。
本セミナーでは、アフリカの紛争影響地域における市民社会のリーダーシップの貴重な事例として、2018年にノーベル平和賞を受賞したコンゴ民主共和国のデニ・ムクウェゲ医師の活動とその広がりを取り上げます。中央政府が抑圧と暴力による支配に拘泥し続ける紛争影響国において、市民の生命と人権の尊重を第一義におく市民社会のリーダーシップが、平和構築の実現に向けて果たす役割を検討します。

プログラム

開会あいさつ:華井和代(東京大学講師)
基調講演:アルフォンス・マインド(コンゴ・キサンガニ大学教授)
コメント:ジャン-クロード・マスワナ(立命館大学教授)
司会:鈴木千花(立命館アジア太平洋大学学生/RITA-Congoユース)