Future Audit -AIサービス監査の未来-

  • 日程:
    2021年11月26日(金)
  • 時間:
    13:00-14:30
  • 会場:
    オンライン開催 (Zoomウェビナー)
  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター

  • 協力:

    世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター

  • 言語:

    日本語

  • 参加費:

    無料

  • 参加申込:

    要事前申込。下記申込フォームからお申込みください。
    *お申込みの方に、イベント前日までにZoom URLをメールでお送りいたします。
    *申込確認自動返信メールが届かない方は、メールアドレスの入力が間違っている場合がありますので、事務局までご連絡ください。

イベント趣旨

「AIサービス及びAIシステムをどのように監査していくか」は、現在世界的な関心事となっています。深層学習をはじめとするいわゆる「ブラックボックス」化してしまうシステムやサービスに対して、どのように/どの範囲で/どの段階で実施するのか、内部監査と外部監査の役割/監査品質の確保/監査人の能力、またAIサービスによって重視すべき価値(安全性、公平性、説明責任等)が異なる中で監査をどのように実施できるのか、など整理すべき論点は様々です。一方で「監査手続の中でAIモデルを活用する」ことを目的とした研究や実践も行われており、監査とAIをめぐる議論は論点が多岐にわたります。 

東京大学未来ビジョン研究センターではAIガバナンスに関して、リスク管理の方法や国際機関との連携も含めたプラットフォームとなる活動を行ってきました。本イベントでは、上記の課題認識の中で「AIサービス及びAIシステムをどのように監査していくか」をテーマとして、大手監査法人においてAIシステムの監査・保証を検討している専門家の他、情報システムを中心とする内部統制の専門家、関連団体の関係者をお招きして、AIを通して監査のあり方そのものや、ガバナンスの仕組みについての論点整理を目的とします。

プログラム(予定)
  • 13:00-13:05
    開会挨拶

    東京大学未来ビジョン研究センター 江間有沙

  • 13:05-13:15
    話題提供1:「アジャイルガバナンスにおける監査の在り方」

    世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター 隅屋 輝佳

  • 13:15-13:25
    話題提供2:「AIへの監査の主な論点」

    有限責任監査法人トーマツ/東京大学未来ビジョン研究センター 松本 敬史

  • 13:25-14:25
    パネルディスカッション と質疑応答

    【司会】
    EY新日本有限責任監査法人 吉澤 剛
    【パネリスト】
    外部監査:有限責任監査法人トーマツ/公認会計士 長谷 友春
    内部監査:Japan Digital Design 阿子島 隆
    AIサービス(被監査側):日本電気 岩田 太地
    ルール形成側:経済産業省商務情報政策局 羽深 宏樹

    【テーマ】
    1)技術の特性に対する監査の方法とは
    2)AIへの監査に関わるゴール形成とは
    3)今後の監査業界の在り方とは

  • 14:25-14:30
    閉会挨拶

    東京大学未来ビジョン研究センターセンター長 城山 英明

問合せ先

東京大学未来ビジョン研究センター
技術ガバナンス研究ユニット事務局
メール:ifi_tg★ifi.u-tokyo.ac.jp(★→@に置き換えてください)