『未来探究2050』× IFIセミナー「知の未来を探究する」第2回:人がくらす地球の未来

  • 日程:
    2021年11月19日(金)
  • 時間:
    10:30-12:00 am
  • 会場:
    ZOOMでのオンライン開催となります
  • 言語:

    日本語
    ※英語同時通訳あり

  • 定員:

    200名

  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター

  • 協力:

    日経BP社

  • 対象者:

    一般公開

  • 申込締切:

    2021年11月18日(木)正午まで
    ※ご登録完了後、11月18日(木)午後に事務局より招待URLをお送りします。定員に達し次第、受付を終了いたします。予めご了承ください。

概要

科学技術が加速度的に進歩し、国際社会が激動する21世紀において、未来への関心はますます高まっています。情報通信技術やバイオテクノロジーの進展を目の当たりにし、2020年から始まった世界的な新型コロナウイルス禍で激動している国際社会を振り返ると、今までの経験や出来事から単純に未来を展望するのが不十分なのは明白でしょう。

未来に向かって確実に役割が増えると思われるのが知識です。現代社会は知識により新たな価値を作り出していく知識集約型社会の側面がますます強くなっており、未来社会を展望するには、これから産み出されていくであろう知識について熟慮する必要があります。しかも、多様な分野の研究者同士の協創と、社会のステークホルダーとの協創が重要になるのです。

3回連続で開催する本セミナーでは、2021年3月に東京大学未来ビジョン研究センター(IFI)が出版した『未来探究2050―東大30人の知性が読み解く世界』(日経BP)をベースとして、異なるけれどシナジーが生まれそうな分野の講師とIFIの教員が分野横断型の議論を展開することで、複雑で重層的な未来について深く考える端緒を開きます。

第2回は、気象学と化学システム工学の専門家を講師にお招きし、科学イノベーション学の専門家が司会を務めて 「人がくらす地球の未来」 というテーマでの議論に挑みます。

プログラム
  • 10:30-10:35
    趣旨説明

    梶川裕矢 東京大学未来ビジョン研究センター教授(イノベーション科学)

  • 10:35-10:55
    講演1 「地球温暖化と降水 ー衛星観測から見えてくることー」

    高薮縁 東京大学大気海洋研究所教授・副所長(気象学)

  • 10:55-11:15
    講演2 「持続的な植物資源生産のための化学産業の役割」

    菊池康紀 東京大学未来ビジョン研究センター准教授(化学システム工学)

  • 11:15-11:35
    パネルディスカッション
  • 11:35-11:55
    質疑応答
  • 11:55-12:00
    まとめ
講演者

高薮 縁 東京大学大気海洋研究所教授・副所長(気象学)

1983年東京大学理学部地球物理学科卒業、1985年東京大学理学系研究科地球物理学科修士課程修了。凸版印刷株式会社勤務を経て1987年より国立公害研究所(現 国立環境研究所)研究員。1993年東京大学理学系研究科博士号取得。論文題目 「熱帯太平洋における積雲対流の組織化」 。2000年東京大学気候システム研究センター(現 大気海洋研究所)助教授、2007年同研究センター(現 大気海洋研究所)教授、2019年より大気海洋研究所副所長。1998年日本気象学会賞、2007年猿橋賞を受賞。2021年米国気象学会フェロー。

菊池 康紀 東京大学未来ビジョン研究センター准教授(化学システム工学)

2009年に東京大学工学系研究科化学システム工学専攻博士課程修了 博士(工学)、2019年4月より、現職、東京大学未来ビジョン研究センター・准教授。学内にて工学系研究科化学システム工学専攻、 「プラチナ社会」 総括寄付講座(代表) を兼務。専門は、プロセスシステム工学、エネルギー工学、ライフサイクル工学。日本LCA学会および化学工学会研究奨励賞、World Cultural Council: Special Recognitionsなどを受賞。近年は、最先端技術を社会に実装するために必要となる産学公民の連携に向けた、技術システムの設計・評価を研究。

司会

梶川裕矢 東京大学未来ビジョン研究センター教授

2017年より東京工業大学環境・社会理工学院教授。研究テーマは知識の構造化、システム設計、行動の構造化の方法論の研究、サステイナビリティ学の知識の体系化、イノベーション学の知識の体系化、環境・エネルギー、情報・IoT、健康医療情報等の分野における実践的研究。

問い合わせ

fe-seminar★ifi.u-tokyo.ac.jp(★→@に置き換えてください)