SSUフォーラム”先端技術開発をめぐる米中競争の現状と今後の展開:政府主導のアプローチの功罪”

  • 日程:
    2021年12月09日(木)
  • 時間:
    10:00-11:10
  • 会場:
    Webexによるオンラインセミナー
    ご登録完了後、会議前日に事務局より招待URLをお送りします
  • 言語:

    英語 (日本語による同時通訳あり)

  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット

    未来ビジョン研究センターは、今後の活動についての情報を提供するため皆様の個人情報を収集させていただいております。
    この情報はいかなる第三者にも開示致しません。

概要

近年、先端技術開発をめぐる米国と中国の競争は激しさを増している。その中で、中国の軍民融合政策の行方がされている。一方、米国では、今年1月に発足したバイデン新政権下は、トランプ前政権の政策を一部修正しつつも対中デカップリング政策を継続している。
今回のセミナーでは、中国政府の軍民融合政策の実像に迫るとともに、米国政府はそれをどのようにとらえて対応してきたのか、また、そもそもそのような政府主導のアプローチにはどのような功罪があるのか等について、日米の著名な研究者が多角的視点から議論する。

登壇者

開会挨拶: 藤原帰一 (東京大学法学部教授)
基調報告 1: Jacqueline Deal (The Long Term Strategy Group, President and CEO)
基調報告 2: 林載桓 (青山学院大学国際政治経済学部教授)
ディスカッサント: 森聡 (法政大学法学部教授)
ディスカッサント、モデレーター: 佐橋亮 (東京大学東洋文化研究所准教授)