UTokyo-Cambridge Voices: Resilience and Global Risks

  • 日程:
    2021年12月15日(水)
  • 時間:
    17:00-19:00 (JST)
  • 会場:
    ZOOMでのオンライン開催となります
  • 題目:

    UTokyo-Cambridge Voices: Resilience and Global Risks

  • 言語:

    英語

  • 主催・共催:

    東京大学公共政策大学院(GraSPP)
    ケンブリッジ大学

    東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット(SSU)

    *未来ビジョン研究センターと公共政策大学院は、今後の活動についての情報を提供するため皆様の個人情報を収集させていただいております。
    この情報はいかなる第三者にも開示致しません。

  • 登録方法:

    フライヤー記載のRegistration URL (QRコードも記載)からご登録ください

概要

Resilience to global risks is a shared concern for both Japan and the UK. In July 2021, the UK Government published a Call for Evidence to help formulate a new National Resilience Strategy. Japan issued a Fundamental Plan for National Resilience in 2018 while the Sendai Framework for Disaster Risk Reduction 2015-2030 identified resilience as a priority. In this session, researchers from the Universities of Cambridge and Tokyo will present on submissions to the UK National Resilience Strategy and Japan’s responses to COVID-19 and the Fukushima nuclear accident.

講演者

基調報告:Dr. Matthijs Maas (Postdoctoral Research Associate at the Centre for the Study of Existential Risk, University of Cambridge)

基調報告:城山 英明 (東京大学未来ビジョン研究センターセンター長/公共政策大学院・法学政治学研究科教授)

司会:イー・クアン・ヘン (東京大学公共政策大学院教授)