IFIトランジション研究セミナー(2月1日) IFI Seminar Series on Sustainability Transitions

  • 日程:
    2022年02月01日(火)
  • 時間:
    日本時間18:30-19:30(CET 10:30-11:30)
  • 言語:

    英語(日英同時通訳あり)

  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター

  • 共催:

    日立東大ラボWG3

  • 定員:

    300名(定員に達し次第受付を終了します)

  • 参加申込み:

    要事前申込(お申込みの方に、1月31日(月)に参加用URLをメールにてご案内します)
    ※参加申込時に自動返信メールが届いていない方は、問合せ先(ifi_tg★ifi.u-tokyo.ac.jp)までご連絡ください。(★→@に置き換えてください)

概要

近年、サステナビリティ・トランジション研究は、学問的にも政策的にも注目度が高まっています。エネルギー、モビリティ、その他の社会技術システムにおいて、長年にわたる持続不可能な生産と消費のパターンは、気候変動に代表される巨大な社会的課題と問題をもたらしています。このような課題は、漸進的なイノベーション、あるいはそれぞれの技術の革新では対処することが困難で、むしろ、社会技術システムの根本的な変革を伴うラディカルなイノベーション、すなわち持続可能な移行、新しい社会技術システムへの移行と、そのプロセスをいかに管理し導くかが緊急に必要な課題です。
日本は、2050年までにカーボンニュートラルに移行し、持続可能なエネルギー転換を加速させるという課題に直面しています。そこで、本オンラインセミナーシリーズでは、サステイナビリティ・トランジション研究をリードしてきた欧州の研究者を招き、エネルギー・トランジションに関する知見を共有し、意見交換を行うことを目的としています。

講演者

Dr. Jakob Wachsmuth,
Competence Center Energy Policy and Energy Markets
Fraunhofer Institute for Systems and Innovation Research ISI

発表タイトル&概要

Extending model-based transformation pathways to socio-technical scenarios via co-creation of transformative policy mixes

講演概要
“There is a long-standing debate on the usefulness of model-based transformation path-ways for informing policy makers in the context of sustainability transitions. The main reasons are that the models usually do not address certain socio-technical aspects and that the tacit knowledge of stakeholders is not taken into account. One proposed solution is the co-creation of transformative policy mixes with stakeholders, extending the model-based pathways to socio-technical scenarios with qualitative assessments of the transformation pathways. The objective of co-creating transformative policy mixes is the mutual learning of scientists and key stakeholders about how a desired transformation could be realized and which context factors need to be taken into account. In particular, the identification of central bottlenecks can raise awareness of the challenges to be tack-led within future policy processes and be integrated in future modeling exercises.

In this talk, we explain the conceptual background for co-creating transformative policy mixes with key stakeholders as one option to extend the model-based pathways. In particular, we introduce the basic concept of a policy mix and elaborate on the dimensions of a transformative policy mix. Furthermore, we describe a typology of bottlenecks by referring to common stakeholder concerns and consider how to map the relevant stakeholder groups. Finally, we take a look at first European case studies related to achieving greenhouse gas neutrality, which are currently in preparation.

問合せ先

東京大学未来ビジョン研究センター
日立東大ラボWG3事務局
ifi_tg★ifi.u-tokyo.ac.jp (★→@に置き換えてください)