リスクチェーンモデルの応用事例ウェビナー Risk Chain Model to Practice「NECアカデミー for AIでの人材育成プログラム」

  • 日程:
    2022年12月06日(火)
  • 時間:
    14:00-15:40
  • 会場:
    オンライン(Zoom)
  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター

  • 共催:

    デロイトトーマツグループ Deloitte AI Institute/日本電気株式会社

  • 言語:

    日本語

  • 参加費:

    無料

  • 参加申込:

    要事前申込。参加申込みフォームからお申込みください。
    ※参加お申し込みの方に、事務局より開催前日にZoom URLをメールにてお送りいたします。

    本イベントに伴いフォームにてご登録いただいた個人情報については、本イベントの配信URLの提供および今後の活動についての情報を提供するために取得し、この目的の限りにおいて共同主催者たるデロイトトーマツグループとの間で共同利用する他はいかなる第三者への提供も行いません。

    デロイト トーマツ グループ プライバシーポリシー

概要

人工知能(AI)サービスの社会実装が拡大する一方で、AIの信頼性や透明性に関する問題が課題となり、各国・企業においてガイドライン策定やツール開発などの様々なアプローチが開発されています。しかし、AIサービス毎に重要なリスクが異なる、AIモデルだけではリスクを十分に対応し続けることができない可能性がある、ユーザーを含む人間がリスク要因になる可能性があるなどの課題から各アプローチを十分に実践できていない状況があります。

これらの課題を解決するために、東京大学の研究グループはAIサービスの「実現すべき価値・目的」を確保し続けるためのフレームワークとして「リスクチェーンモデル」を開発しました。本イベントではリスクチェーンモデル」の様々な応用事例を研究発表することで、その一連の検討過程を元に実践に落とすためのイメージを掴めるようにすることを目的としています。

AIサービスの運営においては、様々な環境変化(ビジネス、データ、法制度、利用者環境等の変化)へ継続的に対応し、様々なステークホルダーとの協調が求められるため、現場においてリーダーシップをとる人材の育成が重要になります。今回はNECが実施するAI人材育成プログラム「NECアカデミー for AI」において「リスクチェーンモデル」を活用し、AIサービスマネジメントをどのように計画すべきか検討するカリキュラムを実施しました。

本イベントではこの人材育成プログラムの実施内容について研究発表を行い、複数の専門家によるパネルディスカッションを踏まえて、リスクチェーンモデルを含むAIサービスマネジメントの現場リーダーをどのように育成していくことができるのか討議を行います。

プログラム
  • 14:00-14:03
    開会挨拶

    城山 英明 (東京大学未来ビジョン研究センター センター長)

  • 14:03-14:10
    リスクチェーンモデルの説明

    松本 敬史 (東京大学未来ビジョン研究センター/デロイトトーマツグループ Deloitte AI Institute)

  • 14:10-14:15
    NECアカデミー for AIの説明

    伊藤 千央 (日本電気株式会社)

  • 14:15-14:30
    NECアカデミー for AIにおける「リスクチェーンモデル」の活用例

    伊藤 宏比古 (日本電気株式会社)

  • 14:30-15:00
    パネルディスカッション①(プログラム受講生からのフィードバック)

    受講生:野口 理恵 (TrustBase株式会社)
    受講生:小林 和輝 (株式会社八十二銀行)
    受講生:猪上 岳人 (ダイキン工業株式会社)
    受講生:飯野 拓也 (ダイキン工業株式会社)
    メンター:津田 英介 (日本電気株式会社)

    司会:松本 敬史 (東京大学未来ビジョン研究センター/デロイトトーマツグループ Deloitte AI Institute )

  • 15:00-15:30
    パネルディスカッション②(現場のリーダーシップ人材の姿)

    小泉 誠 (デジタルリテラシー協議会)
    伊藤 宏比古 (日本電気株式会社)
    松本 敬史 (東京大学未来ビジョン研究センター/デロイトトーマツグループ Deloitte AI Institute)

    司会:江間 有沙 (東京大学未来ビジョン研究センター 准教授)

  • 15:30-15:35
    ケース検討を踏まえたコメント

    森 正弥 (デロイトトーマツグループ Deloitte AI Institute 所長)

  • 15:35-15:40
    閉会挨拶

    江間 有沙 (東京大学未来ビジョン研究センター 准教授)

問合せ先

東京大学未来ビジョン研究センター
AIガバナンスプロジェクト事務局
E-mail: ifi_ai[at]ifi.u-tokyo.ac.jp([at]→@に置き換えてください)