SSUフォーラム「豪州の経済安保における途絶と多元化」

  • 日程:
    2024年02月27日(火)
  • 時間:
    15:30-17:40
  • 会場:
    Zoomによるオンライン
    ご登録完了後、会議前日に事務局より招待URLをお送りします。
  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター 安全保障研究ユニット

  • 言語:

    英語(日本語同時通訳あり)

  • お申込み:

    下記お申込みフォームからお申し込みください。

    ※未来ビジョン研究センターは、今後の活動についての情報を提供するため皆様の個人情報を収集させていただいております。
    この情報はいかなる第三者にも開示致しません。

開催概要

今日の米中間の競争は、経済と安全保障の境目を不明瞭にしています。主要国は、産業基盤の強化を含め、経済安全保障を強化する具体的な措置をとっており、機微技術の流出を防ぎ、輸出規制を強めています。経済安保のトレンドはどのようなものか。日本はどのように対応すべきか。2022年以降、東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット(SSU)は研究プロジェクトを実施し、主要国が採用する経済安保政策について調査してきています。

本フォーラムでは、オーストラリア産業グループの研究・経済部門ディレクターであるジェフリー・ウィルソン氏を迎え、豪州がどのように経済安保リスクをマネージしているかについて議論します。ウィルソン氏は、豪州は近年3つの経済安全上の途絶に直面したと主張します。(1)輸出に対する貿易上の威圧、(2)輸入におけるサプライチェーンの途絶の影響、(3)エネルギー安全保障に対する脱炭素化の影響です。ウィルソン氏は、いかに豪州による貿易の対象及び貿易相手双方における多元化が、経済安保上のリスクをマネージする新たな国家アプローチの指標となってきたかについて議論します。その一方で、同氏は、多元化は、顕著な成功とともに継続する課題を含む、多面的な結果ももたらすこととなったと警告します。

本フォーラムにおいては、著名な学者やビジネス関係者の参加を得て、経済安保や現代の戦略的な環境に関する幅広い諸課題についてパネルディスカッションも行う予定です。

※本フォーラムは、外務省の外交・安全保障調査研究事業費補助金により開催いたします。

 

登壇者

趣旨説明 / 冒頭挨拶:高原 明生 (東京大学 法学政治学研究科 教授/SSUユニット長)


基調講演:ジェフリー・ウィルソン (オーストラリア産業グループ 研究・経済部門ディレクター)


パネルディスカッション
討論者1:佐竹 知彦 (青山学院大学 国際政治経済学部 准教授)
討論者2:久野 新 (亜細亜大学 国際関係学部国際関係学科 教授)
討論者3:和田 照子 (一般社団法人日本経済団体連合会 国際経済本部長)


閉会挨拶: (確認中)
司会:佐橋 亮 (東京大学 東洋文化研究所/未来ビジョン研究センター 准教授)