東京大学伊藤国際学術研究センター会議 2018年ノーベル平和賞 デニ・ムクウェゲ医師来日講演会 「平和・正義の実現と女性の人権」

  • 日程:
    2019年10月04日(金)
  • 時間:
    12:30-15:00(11:30受付開始予定)
  • 会場:
    東京大学本郷キャンパス伊藤国際学術研究センターB2F 伊藤謝恩ホール
    地図
  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センターSDGs研究部門
    科研基盤A「気候変動と水資源をめぐる国際政治のネクサス-安全保障とSDGsの視角から」

  • 共催:

    コンゴの性暴力と紛争を考える会(ASVCC)
    科研基盤B「紛争下の資源採掘と人権侵害-今後の紛争鉱物取引規制がもたらすメカニズム変化」

  • 協力:

    三菱財団
    高木仁三郎市民科学基金

  • 定員:

    400名(先着順)

  • 言語:

    日本語、英語、フランス語(同時通訳有)

  • お申込み受付期間:

    2019年9月10日(火)10:00~2019年9月25日(水)17:00
    ※お申込み人数が上限に達したため、9月12日(木)4:00を持ちまして受付を終了いたしました。

  • 留意事項:

    以下の留意事項をご参照・ご了解の上、お申込みください。

    1)受付にて本人確認を行います。以下の2点を必ずご持参ください。
    ・「シンポジウム参加受付自動返信メール」のプリントアウト
    ・顔写真付身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、学生証、在留カードなど)
    ※本人確認ができない場合ご入場いただけませんので予めご了承ください。

    2)セキュリティ対策について
    ・入場時に係員による手荷物検査を実施いたします。
    ・ビン、缶、ペットボトル、水筒等の飲料物、危険物の持ち込みはお断りいたします。
    ・大きな手荷物はクロークにお預けください。
    ・講演会の実施を妨げる迷惑行為を行った場合、主催者の指示を遵守いただけない場合は、退場いただくことがあります。

定員に達したため申込みを締め切りました。
概要

コンゴでは1996年以降紛争が続き、累計で600万人の犠牲者が出てきました。特にコンゴ東部では、豊富な鉱物資源を資金源として100組織を超える武装勢力が闘争を続け、住民に対する人権侵害を行っています。その人権侵害の一環として、組織的な性暴力が行われています。持続可能な開発目標(SDGs)では、第5目標に「ジェンダー平等」、第10目標に「人や国の不平等をなくそう」、第16目標に「平和と公正をすべての人に」を掲げていますが、コンゴはこれらの目標から最も遠い国です。今回の講演会では、コンゴの問題解決に取り組むムクウェゲ医師から、コンゴ東部における紛争下の性暴力の実態を聞くと同時に、紛争研究に取り組む研究機関や紛争解決に尽力する援助機関などの関係者と議論する機会を設けることで、紛争下の性暴力が発生する構造的要因を理解し、社会的弱者の人権が擁護される条件としての平和と正義の実現方法を議論します。

プログラム
  • 開会挨拶

    五神 真 東京大学総長

  • 主旨説明

    藤原 帰一 東京大学未来ビジョン研究センター センター長

  • 基調講演

    デニ・ムクウェゲ パンジ病院 医長

  • コメント1

    隈元 美穂子 国連訓練調査研究所 (UNITAR) 所長

  • コメント2

    華井 和代 東京大学未来ビジョン研究センター 講師 / コンゴの性暴力と紛争を考える会 副代表

  • 質疑応答 (パネル形式)
  • 閉会挨拶