『AIアカデミックフォーラム2020』AIが活用できる人材育成とは何か-そのために必要な大学の変革と役割を考える

  • 日程:
    2020年01月28日(火)
  • 時間:
    13:00-18:10 (12:20受付開始)
  • 会場:
    六本木アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49F)
  • 主催:

    日本マイクロソフト株式会社

  • 共催:

    東京大学未来ビジョン研究センター
    一般社団法人AIデータ活用コンソーシアム

  • 対象者:

    各大学のICT/AI活用による授業革新に興味のある先生や研究者の方
    (学生の方は修士以上の方)
    大学のブランド向上に関心のある経営企画部門
    AIを活用した大学変革と人材育成に興味のある学長・理事
    AI導入に興味のある情報システム部門の方
    AIに関する政策・事業に携われている政府・公共機関に所属される方

    ※大変申し訳ございませんが、対象参加者以外の方には参加をお断りしております。予めご了承ください。

  • 参加申込:

    参加希望の方は、主催の日本マイクロソフト株式会社ウェブサイトからお申込みください。(募集人数200名を予定)

概要

Society 5.0 時代に向け、学術界、産業界、公的機関、市民団体など様々な業界で始まっている変革の背景の一つにAIの活用がありますが、現在そのAIを活用できる人材の不足が課題となっています。社会への「人材」輩出は大学における重要なミッションの一つですが、大学卒業後、経済的・社会的ともに主体的な生活を獲得していけるような人材の育成は、ますます難しくなってきています。さらに、政府の掲げるAI戦略の実現に必要なAIエコシステムの確立も日本ではまだ道半ばであり、そのようなエコシステムを現場レベルで担っていく人材を育成するリカレント教育も大学に求められています。

一方で日本の大学は、少子高齢化による国内での学生獲得戦の激化に加え、海外では革新的な社会サービスまでを提供する大学や、運営形態を完全デジタル化した大学の出現などにより、学生獲得のハードルはさらに上がってきています。

このような状況下において、今後 日本の大学は、社会に対してどのような役割を果たし、どういった新しい価値を創造し訴求していけばよいのでしょうか。

本イベントでは、AIの様々な領域で、第一線で取り組まれている大学、研究所、政府関係者等の識者の方々と共に、大学内外でのAI活用ができる人材育成とは何か、また、そのために必要な大学の変革と役割について、政策や教育面も含めた考察を深めます。同時に、海外や日本の各大学で活用されている、マイクロソフトの取り組み、最新事例などもご紹介します。

問合せ先

東京大学未来ビジョン研究センター
 技術ガバナンス研究ユニット事務局
 ifi_tg★ifi.u-tokyo.ac.jp(★→@)