SSUフォーラム “科学技術と安全保障―米中技術競争の行方と日本の政策課題”

  • 日程:
    2020年07月09日(木)
  • 時間:
    15:00-16:30
  • 会場:
    ZOOMでのオンライン開催となります
    ご登録完了後、会議前日に事務局より招待URLをお送りします
  • 言語:

    日本語

  • 定員:

    100名

  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット
    未来ビジョン研究センターでは、今後の活動についての情報を提供するため皆様の個人情報を収集させていただいております。
    この情報はいかなる第三者にも開示致しません。

定員に達したため申込みを締め切りました。
講演者
  •  基調講演:兼原信克 同志社大学特別客員教授 前内閣官房副長官補 前国家安全保障局次長
  •  ディスカッサント:佐橋亮 東京大学東洋文化研究所准教授
  •  ディスカッサント:伊藤信悟 国際経済研究所主任研究員
  •  司会:藤原帰一 東京大学法学部教授 未来ビジョン研究センター長

 

概要

近年、米中間で科学技術をめぐる競争が激しさを増している。その中で、米国政府は対中技術投資規制・輸出管理を一段と厳格化している。日本はどう対応すべきか。日本政府の安全保障政策の「司令塔」を担う国家安全保障局の次長を務め、また早くから経済安全保障に着目し取組んできた兼原信克氏より、今後の米中技術競争の行方と日本の政策課題についての講演を得る。

略歴

兼原信克:1959年、山口県生まれ。同志社大学特別客員教授。東京大学法学部卒業後、外務省入省。国際法、安全保障、ロシア(領土問題)が専門分野。条約局法規課長(現国際法課長)、北米局日米安全保障条約課長、総合政策局総務課長、欧州局参事官、国際法局長を歴任。在外では欧州連合、国際連合、米国、韓国の大使館や政府代表部に勤務。第二次安倍政権で、内閣官房副長官補(外政担当)、国家安全保障局次長を務める。2019年退官。今年4月より現職に就任。2018年12月、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章を受章。

佐橋亮:東京大学東洋文化研究所准教授。専攻は国際政治学、とくに米中関係、東アジアの国際関係、秩序論。イリノイ大学政治学科留学を経て、国際基督教大学教養学部卒。東京大学大学院博士課程修了、博士(法学)。オーストラリア国立大学博士研究員、東京大学特任助教、神奈川大学法学部准教授、同教授を経て、2019年から現職。2019年7月より東京大学未来ビジョン研究センター准教授(兼務)。スタンフォード大学アジア太平洋研究センター客員准教授、ジャーマン・マーシャル・ファンド研究員、参議院客員調査員などを歴任。現在は公財)日本国際交流センター客員研究員を兼ねる。日本台湾学会賞、神奈川大学学術褒賞など受賞。

伊藤信悟:1970年生まれ。東京大学卒。富士総合研究所国際調査部、台湾経済研究院(客員研究員)、みずほ総合研究所調査本部 (中国室長 兼 主席研究員)などを経て、2018年1月より現職。専門は、中国・台湾経済、中台関係。主要著書に『WTO加盟で中国経済が変わる』(共著、東洋経済新報社、2000年)、主要論文に「BRICsの成長持続の条件」(みずほ総合研究所『BRICs-持続的成長の可能性と課題-』東洋経済新報社、2006年)、「中国の経済大国化と中台関係の行方」(経済産業研究所『RIETI Discussion Paper Series』11-J-003、2011年1月)など。