第2回「コロナと未来」Webinarシリーズ

  • 日程:
    2020年07月06日(月)
  • 時間:
    9:00-10:30
  • 会場:
    ZOOMでのオンライン開催となります
    ご登録完了後、2020年7月3日(金)午後に事務局より招待URLをお送りします。
  • 言語:

    日本語

  • 定員:

    50名

  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター SDGs協創研究ユニット

  • 対象者:

    どなたでもご参加いただけます(東大外、学生の参加も歓迎)。
    但し、一般向けシンポジウムではなく、研究ウェビナーである点、ご了承ください。

  • 申込締切:

    2020年7月3日(金)12:00まで
    定員に達し次第、受付を終了いたします。予めご了承ください。

定員に達したため申込みを締め切りました。
概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界規模での感染拡大により、我々の生活は大きな変容を求められており、これまでとは違った新たな社会のあり方やライフスタイルの構築が喫緊の課題になっています。すなわち、「Pre-Corona」の状態に単に戻すのではなく、今後しばらくはウイルスと共存しながら社会経済活動をしていく、「Intra-Corona」の生活が続くことになります。

この度、未来ビジョン研究センターでは現在と、その先の「Post-Corona」時代を見据え、より進化した持続可能な未来社会の姿について考えるため、様々な分野の専門家をお呼びする研究ウェビナーを企画いたしました。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

プログラム
  • 講演1
    羽藤英二 東京大学大学院工学系研究科 教授

    「次の都市を考える」
    工学系研究科学術戦略室では、COVID-19による被害が拡大する中、ポストコロナの未来構想を描くことを目的に、新たな研究課題の公募を行い、医療防疫・ニューライフ/都市と交通・教育と研究について77の研究提案の応募を受け付けた。今回の講演では、6月27日に開催される公開シンポジウムの議論を下敷きに、未曾有の事態を引き起こしている世界の動向を踏まえて、リモート社会・ディスタンシングデザイン、レジリエンス都市の視点から、次の都市とその未来ビジョンの論考を試みる。

  • 講演2
    味埜俊 東京カレッジ 特任教授

    「ポストコロナ社会とSDGs:東京カレッジにおける議論を通して」
    人類が目指すべき共通の目標として国連が2015年に掲げたSDGsを全世界が推進している最中に、いわゆる「コロナ危機」(新型コロナウイルス COVID-19によるパンデミック)が起こった。「新たな日常」と称されるポストコロナ社会を構築していく上で、SDGsはどのような意味を持つのか、SDGsがどのように貢献できるのかを論じるとともに、コロナ危機を経験したことによりSDGsをどのように見直してゆくべきかを考える。

  • コーディネーター
    菊池康紀 東京大学未来ビジョン研究センター 准教授
講演者

羽藤英二(東京大学大学院工学系研究科 教授)
東京大学教授,愛媛大学を経て現職。経済財政諮問会議専門委員などを歴任。専門は交通・都市・国土学。中国での都市設計や、各地の災害復興計画に取り組む。移動体位置データ解析と行動モデル研究の成果で土木学会論文賞、WCTRBursry Prizeなどを受賞。

味埜俊(東京カレッジ 特任教授)
1978年東京大学工学部卒、1983年同大学院工学系研究科にて博士(工学)取得。工学部、工学系研究科、新領域創成科学研究科で、助手、講師、助教授、教授を務め、2020年4月から現職。この間、アジア工科大学院(タイ・バンコク)准教授、デルフト工科大学(オランダ)客員研究員、チャルマーズ大学(スウェーデン)客員教授などを務める。排水処理の微生物生態学・モデリングを本来の専門とし、2005年東京大学サステイナビリティ学連携研究機構の立ち上げに参加して以降、サステイナビリティ学教育の構築に尽力し、2007-2020年の期間、新領域創成科学研究科に設置した修士・博士学位プログラム「Graduate Program in Sustainability Science (GPSS)」のコーディネータを務めた。