SSUフォーラム “米国大統領選挙後の日米中関係ー科学技術・経済・安全保障の観点から”

  • 日程:
    2021年01月15日(金)
  • 時間:
    9:30-11:30(JST)
  • 会場:
    Zoomによるオンライン
    ご登録完了後、会議前日に事務局より招待URLをお送りします
  • 言語:

    パネル1:英語
    パネル2:日本語
    (interprefyを使用しての英→日の同時通訳有)
    スマートフォンに専用アプリをダウンロードしてください(又はiphone,ipad以外のスマートフォンやタブレット端末ではGoogle
    Chromeのブラウザからもアクセス可能)
    有線イヤホンが必要です
    詳しいダウンロードおよび使用方法はこちらを参照ください
    ログインするためのトークンはメール会議URLお知らせメール (1月14日送付予定)に記載します

  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット

    未来ビジョン研究センターは、今後の活動についての情報を提供するため皆様の個人情報を収集させていただいております。
    この情報はいかなる第三者にも開示致しません。

定員に達したため申込みを締め切りました。
概要

2020年大統領選挙が終了し、米国で新たな政権が誕生しようとしている。米国の新政権の下、今後、日本・米国・中国の3か国関係はどのように展開していくのだろうか。近年、米国と中国の間で、最先端科学技術をめぐる激しい対立がみられる。とりわけ、米国の現政権は、中国に対する技術投資規制・輸出管理の厳格化を進め、そして中国もそれに対抗する措置を具体化してきた。このような科学技術をめぐる米中対立は、米国の新政権の誕生により、今後どのような局面に入るのだろうか。そして、その中で日本はどのように行動すべきなのだろうか。
今回のSSUフォーラムは、米国新政権誕生前夜のタイミングをとらえて、科学技術・経済・安全保障の観点から、今後の日米中の3か国関係の動向と日本の採るべき行動について、国内外の有識者から幅広く知見を得つつ、議論を深める機会とする

プログラム

パネル1:「米国新政権の中国・アジア政策とその日本への含意(仮題)」
基調講演: シーラ・スミス・外交問題評議会(CFR)シニアフェロー
司会、ディスカッサント:藤原帰一・東京大学未来ビジョン研究センター長/東京大学法学部教授

パネル2:「科学技術・経済・安全保障:米中の政策動向と今後の政策の役割(仮題)」
発言者1:鈴木一人・東京大学公共政策大学院教授(バイデン政権の課題、米国の対応)、
発言者2:伊藤亜聖・東京大学社会科学研究所准教授(五中全会後の中国政府・企業の動き)
司会、ディスカッサント:佐橋亮・東京大学東洋文化研究所准教授