アフリカ大湖地域における紛争解決プロセスの誤導 -コンゴ紛争とRPFの言説をめぐって-

  • 日程:
    2021年02月25日(木)
  • 時間:
    20:30-22:00
  • 会場:
    ZOOMでのオンライン開催となります
  • 言語:

    日本語、フランス語(通訳あり)

  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター SDGs協創研究ユニット
    科研基盤研究(B)「紛争下の資源採掘と人権侵害 -コンゴの紛争鉱物取引規制がもたらすメカニズム変化」

  • 共催:

    NPO法人RITA-Congo
    三菱財団助成研究「コンゴの紛争資源問題と性暴力に対する先進国の責任」

  • 参加登録:
  • お問合せ先

    congowebinar202102★gmail.com (★→@)

概要

戦争犯罪に関して流布される言説はときに真実を覆い隠し、国際平和に向けた取り組みを誤導することがある。多くのアクターの政治、経済、社会、文化的な利害関係が複雑に絡み合う紛争においては、「民族紛争」「資源紛争」「イスラム・テロ」「内戦」などとラベリングすることで紛争を「理解」しようとする分析がときに学術研究においてさえ行われ、横行する戦争犯罪もまたその範疇でとらえられてきた。同時に、ラベリングは紛争アクターによって自らを利する言説として流布され、紛争の長期化を支える構造的要因や政治的意図を覆い隠す戦略として利用されることもある。国際社会による紛争解決および平和構築策が成果を上げるためには、戦争犯罪をめぐる言説の信憑性を検証し、歴史的事実に基づいて修正したうえで、紛争の根源的要因を理解して政策を実施することが必要である。
人の移動と資源をめぐる利害関係が複雑に絡み合うアフリカ大湖地域では、こうした言説が紛争解決、平和構築を誤導する現象が典型的に観察される。ルワンダではジェノサイド後の平和構築としての国連平和維持活動(PKO)が本来の成果を上げられず、コンゴでも出口の見えないPKO駐留が20年続いてきた要因として、本セミナーは、言説による国際平和への取り組みの誤導を検証する必要性を提唱する。ルワンダのジェノサイドとコンゴ紛争は切り離すことができない「双子の戦争犯罪(twin crime)」であるにもかかわらず、視野を狭めた分析が行われてきたことにも大きな問題がある。
本セミナーでは、両紛争を長年調査してきたジュディ・レヴァー氏を講師として招き、1996年から続くコンゴ紛争において、隣国ルワンダ政権を担うルワンダ愛国戦線(RPF)が流布してきた言説とその影響を分析する。それによって、戦争犯罪に関する言説が平和構築に向けた様々な枠組みや政策を誤導し、紛争解決が実現できずにきた可能性を検証する。

プログラム
  • 20:30-20:40
    開催挨拶

    米川 正子(筑波学院大学准教授)

  • 20:40-21:20
    基調講演

    ジュディ・レヴァー(国際ジャーナリスト)

  • 21:20-21:25
    コメント

    クリスチャン・ムカディ(上智大学カトリック・イエズス会センター員)

  • 21:25-21:55
    質疑応答
  • 21:55-22:00
    閉会挨拶

    米川 正子

講師略歴

ジュディ・レヴァー(Judi Rever)
カナダ在住の国際ジャーナリスト。Radio France Internationale、AFPで勤務し、アフリカと中東で取材・報道した。著書の『In Praise of Blood: The Crimes of the Rwandan Patriotic Front』(Random House Canada 2018年)は、2018 Quebec Writers’ Federation Literary Award: Mavis Gallant Prize for Non-Fictionを受賞し、また2018 Hilary Weston Writers’ Trust Prize For Nonfictionの最終候補にノミネートされた。現在は、Globe and Mail(カナダ)、Le Monde Diplomatique(フランス)、Foreign Policy Journalなどに執筆している。同時に、世界の難民の法的保護を促進する団体「Rights in Exile Programme」のルワンダに関する出身国情報専門家を務めている。

コメンテーター略歴

クリスチャン・ムカディ(Christian Mukadi)
コンゴ出身の学者、人権活動家。上智大学カトリック・イエズス会センター員。