• 政策提言

    産学連携と社会システム研究ユニット

新型コロナウイルス感染拡大に伴う大学発ベンチャーへの影響と政策提言

 未来ビジョン研究センター「産学連携と社会システム研究ユニット」では2020年3月18日に政策提言「大学を核としたベンチャーエコシステムに着目した産学連携政策」を発表した。本提言は2019年度に実施した東大関連ベンチャーなどに対する質問票調査などに基づき、エコシステムという観点から、産学連携の現代的発展に資する施策を提言したものである。この調査によって大学発ベンチャーの発展が、一般のベンチャー企業とは異なり、大学を中心とする資金、人材と知識の循環のエコシステムの発展に大きく依存していることを踏まえた提言であった。

 しかし2020年に深刻化した新型コロナウイルスパンデミックは、大学、大学発ベンチャー、大企業と金融機関との間の人材、資金と知識の循環の拡大の基盤がよくやく整えられつつあったタイミングですでに深刻な影響を及ぼしつつある。

 本提言は4月初旬に緊急に実施した東大関連ベンチャー企業に対するアンケート調査をもとに、新型コロナウイルス感染拡大に伴い生じる大学関連ベンチャーの問題に対して、緊急に行うべき施策を提案するものである。

この政策提言は、東京大学未来ビジョン研究センター産学連携と社会システム研究ユニットの研究成果の一つです。全文は以下よりダウンロードいただけます。