フューチャー・アース

フューチャー・アースは、持続可能な地球社会の構築に向けた国際研究に取り組む研究者やプロジェクト、研究機関を結ぶ、開かれた国際協働研究ネットワークです。フューチャー・アースは、古気候・古環境研究の国際的組織PAGES(Past Global Changes)や国際全球大気化学研究計画(International Global Atmospheric Chemistry: IGAC)、地球システム管理計画(Earth System Governance: ESG)などの研究プロジェクトをはじめ、世界をリードする研究イニシアティブを支援しています。

フューチャー・アースのプロジェクトは、生物地球化学的物質循環や生物多様性、国際ガバナンス、社会転換にいたるまで、地球環境に関する全ての課題を網羅する、真に国際的な取り組みです。その研究は課題解決型であり、持続可能な地球社会の実現を目指しています。

研究実施プランは、知と実践のためのネットワーク(Knowledge-Action Networks: KANs)の創生を柱に成り立っています。KANsは、研究コミュニティーと社会の様々な関係者、たとえば、行政・政策立案担当者、産業界、教育関係者、メディア、市民団体との協働を通じて、まず当初の設計として、次の分野を中心に展開されます。

  • 水・エネルギー・食糧の連関
  • 健康
  • 都市
  • 自然資産
  • 持続可能な開発目標
  • 持続可能な地球社会への転換
  • 海洋
  • 金融・経済

 

フューチャー・アースの主要な課題

水、エネルギー、食料:水、エネルギー、食料の相互作用が、環境、経済、社会、政治の変化にいかに影響されるかを理解することにより、すべての人に水、エネルギー、食料を供給し、これらの間に生じるシナジー(相乗効果)とトレードオフを調整する。

脱炭素化:人間と生態系に対する気候変動の影響と適応に関する知識を構築する一方で、転換を可能にする技術、経済、社会、政治、行動の変化を促進することにより、社会 · 経済システムを脱炭素化し、気候を安定させる。

自然資源保護:生物多様性、生態系機能、生態系サービスの関係を理解し、効果的な評価とガバナンスの手法を開発することにより、人間の福利を支える陸上 · 淡水 · 海洋の自然資産を保護する。

健全な都市:都市における環境や生活を向上させつつ資源フットプリントを減らすイノベーションや、効率的で災害に強いサービスとインフラを提供するイノベーションを発見また考案することにより、健全でレジリエンスがあり、生産的な都市を構築する。

持続可能な農村:土地利用、フードシステム、生態系に関して、従来とは異なる新たな選択肢を分析し、制度とガバナンスに必要なものを明らかにすることにより、持続可能な農村の未来を促進し、生物多様性、資源、気候が変化するなかで、増加し裕福になる住民に食料を供給する。

健康:環境の変化、汚染、病原体、病原媒介物、生態系サービス、ならびに人々の生活、栄養、福利の間の複雑な相互作用を明らかにし、対策を講ずることにより、人の健康を増進する。

持続可能な消費と生産:あらゆる資源の消費が社会と環境に与える影響、資源消費の増加を抑えつつ福利の向上をはかる方法、および持続可能な発展への道筋とこれに関連する人間の行動の選択肢について理解することにより、公平で持続可能な消費と生産の形を奨励する。

レジリエンスな社会のためのガバナンス:順応的ガバナンスシステムを構築し、地球規模および関連する閾値やリスクへの早期警戒体制を開発し、効果的で、説明責任があり、透明性が高い持続可能な社会への転換を促進する制度を検証することにより、将来の脅威に対する社会のレジリエンスを高める。