Past, Present, and Future through the Lens of Cities: Perspectives from South Asia

  • 日程:
    2021年11月24日(水)
  • 時間:
    15:00-16:30 (JST)
  • 会場:
    Zoomによるオンライン(Webinar)
    ご登録完了後、会議前日に事務局より招待URLをお送りします
  • 言語:

    英語(同時通訳をご利用いただけます)

  • 主催:

    未来ビジョン研究センター SDGs協創研究ユニット

    未来ビジョン研究センターは、今後の活動についての情報を提供するため皆様の個人情報を収集させていただいております。
    この情報はいかなる第三者にも開示致しません。

定員に達したため申込みを締め切りました。
概要

南アジアは20憶もの人口を抱えると同時に、都市化、気候変動、水不足という問題に直面しており、既存の都市の力学と新たな課題の相互作用が、都市空間を形作っています。そして、政府や新自由主義の論理がそうした課題に反応することで、複合的なストレスをさらに悪化させたり、社会の断絶を生み出したり深めたりしています(政府や新自由主義の論理がストレスを生み出しているという見方もあるかもしれません)。南アジアの都市から見えてくる展望とはどのようなものでしょうか。本セミナーでは、「レンズ」としてではなく、複合的なストレスが集まる変化の「アリーナ」として、都市空間が果たす役割を研究者間で議論します。

登壇者

発言者1: アリフ・ハサン (アーバンリサーチセンター会長/ダウッド大学建築企画学科建築研究会アドバイザー)
発言者2: ナジア・フサイン (東京大学未来ビジョン研究センター特任助教)
ディスカッサント: 竹中 千春 (立教大学法学部教授)
司会: 藤原 帰一 (東京大学法学部教授)