• ナジア・フサイン

    Nazia Hussain
    特任助教
経歴

パンジャブ大学(パキスタン)行動社会学部政治学科修士課程卒業。フルブライト奨学生としてボストン大学(米国)に留学し国際関係学修士号を取得。ジョージメイソン大学(米国)のSchar School of Policy and Government で公共政策学博士号を取得。国連大学政策研究センターのJSPS-UNUポストドクトラルフェローを経て、2018年9月より東京大学政策ビジョン研究センター(PARI)特任助教。関心テーマは、開発途上国の都市における政治的暴力、インフォーマル性、組織犯罪、テロリズム等。