医療×AIセミナーシリーズ第8回「医療者がゼロから学ぶ、AI・データサイエンス超入門」

  • 日程:
    2019年09月05日(木)
  • 時間:
    18:00-20:00
  • 会場:
    東京大学本郷キャンパス 国際学術総合研究棟4F SMBCアカデミアホール
    地図
  • 対象:

    医師ら医療従事者、開発者、政策関与者、医療機器関係者など

  • 定員:

    50(定員に達し次第受付を終了します)

  • 言語:

    日本語

  • 主催:

    東京大学未来ビジョン研究センター、慶應義塾大学メディカルAIセンター、エムスリー株式会社m3.com編集部

  • 協力:

    日本ディープラーニング協会(JDLA)、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター(C4IRJ)

定員に達したため申込みを締め切りました。
概要

医療×AIセミナーシリーズ第8回「医療者がゼロから学ぶ、AI・データサイエンス超入門」
医療現場での課題解決に向け様々なテクノロジーが導入される中、AIやITの臨床現場での実装も進みつつあります。現場での課題を熟知する医師による開発や実装、医師と協働する開発者ら、社会実装に向けた仕組みをつくる政策関与者も増えてきました。

本セミナーシリーズは、こうした医師や開発者、政策関与者らが、それぞれの経験や知見を基に、開発・臨床現場で役立つ情報を共有し、関係者同士の交流をはかることで、医療現場での新しいテクノロジーの実装を進めていくことを目的として行います。東京大学未来ビジョン研究センター、慶應義塾大学AIメディカルセンター、エムスリー株式会社m3.com編集部が主催し、科研費「ビッグデータに基づいた医用人工知能の実装に向けた多面的検討」の研究の一環として実施します。

第8回は、臨床現場の課題解決に向けて、ゼロからAIやデータサイエンスを身に着け、画像診断支援AIの開発や医療データ解析を行っている湘南記念病院乳がんセンター副センター長の井上謙一氏と株式会社データックCEOで医師の二宮英樹氏をお迎えし、そのご経験をもとに医師など医療者がゼロから学ぶAIやデータサイエンスについてお伺いします。

  • 18:00-18:05
    オープニング
  • 18:05-18:35
    講演:二宮英樹氏(株式会社データックCEO、医師)
  • 18:35-19:05
    講演:井上謙一氏(湘南記念病院乳がんセンター副センター長)
  • 19:05-19:55
    質疑応答・ディスカッション
  • 19:55-20:00
    クロージング
講師プロフィール

井上謙一(いのうえ・けんいち)
湘南記念病院乳がんセンター副センター長
1999年旭川医科大学卒業、北海道大学第1外科に入局、消化器外科医として北海道各地で地域医療に従事。2009年北海道大学大学院医学研究科高次診断治療学専攻博士課程修了、癌研有明病院乳腺外科シニアレジデントとして研修、11年から現職。日本外科学会専門医、日本乳癌学会専門医。人工知能を用いた乳腺画像の解析の研究で、日本乳癌検診学会2017年度ピンクリボン賞、第12回「乳癌の臨床」賞優秀賞、第26回日本乳癌学会学術総会のExcellent Presentation Awardを受賞。
過去のインタビュー記事:『[深層学習でマンモグラフィーを自動読影―湘南記念病院乳がんセンター副センター長の井上謙一氏に聞く(1)](https://medicalai.m3.com/news/180718-interview-inoue)』『[マンモ自動読影、日本は後れを取る―湘南記念病院乳がんセンター副センター長の井上謙一氏に聞く(2)](https://medicalai.m3.com/news/180723-interview-inoue)』

二宮英樹(にのみや・ひでき)
株式会社データックCEO、医師
2013年東京大学医学部医学科卒業。脳神経外科、株式会社メドレーを経て、株式会社トライディアでデータサイエンティストとして、企業向けデータ解析・AI開発に従事。慶應義塾大学医療政策・管理学教室 博士課程でビッグデータ解析や病院のデータベース構築を行う。
過去のインタビュー記事:『[脊椎外科向けの問診アプリを開発したわけ―慶應義塾大学医療政策・管理学教室 医師でデータサイエンティストの二宮英樹氏に聞く(1)](https://medicalai.m3.com/news/180731-interview-ninomiya)』『[医療関係者とエンジニアをつなぐ場をつくる―慶應義塾大学医療政策・管理学教室 医師でデータサイエンティストの二宮英樹氏に聞く(2)](https://medicalai.m3.com/news/180803-interview-ninomiya)』

ディスカッサント

江間有沙(えま・ありさ)
東京大学未来ビジョン研究センター特任講師/国立研究開発法人理化学研究所革新知能統合研究センター客員研究員
2012年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。京都大学白眉センター特定助教、東京大学教養学部附属教養教育高度化機構、同大学政策ビジョン研究センターを経て現職。日本ディープラーニング協会理事/公共政策委員会委員長、人工知能学会倫理委員会副委員長。人工知能の倫理やガバナンスについてを研究テーマとしている。著書に『AI社会の歩き方-人工知能とどう付き合うか』(化学同人)など。専門は科学技術社会論(STS)。

藤田卓仙(ふじた・たかのり)
世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター ヘルスケア・データ政策プロジェクト長
2006年、東京大学医学部卒業。慶應義塾大学メディカルAIセンター、慶應義塾大学イノベーション推進本部とも兼任。医療政策学、医事法学、医療経済学、医療情報学の観点から、学際的な研究を行う。健康医療情報のプラットフォーム化と情報の利活用、大学医学部における産学官連携、地域包括ケアシステム・在宅医療における法政策、医療事故と専門職の責任、ヘルスケアにおける広告表示規制、医療等個人情報保護法制、医学領域における知的財産権などを研究テーマとしている。