• 論文

    菊池康紀 未来ビジョン研究センター准教授

菊池康紀准教授のグループの研究論文がEnergy誌に掲載されました

菊池康紀准教授のグループの研究論文がEnergy誌に掲載されました。

変動性の再生可能エネルギーである風力を、蓄熱技術により調整する仕組みが提案されています。本論文では蓄熱システムを製紙工場に導入することにより、風力の有効利用性が向上するかどうかを、ライフサイクルアセスメントとプロセスシステムシミュレーションによって分析しました。蓄熱システムの導入により、従来の風力発電よりも効果的に風力を利用しうる可能性があることを明らかにしました。

[1]タイトル:


Life cycle greenhouse gas emissions of thermal energy storage implemented into a paper mill for wind energy utilization

共同研究者:


Ayumi Yamaki, Yuichiro Kanematsu, Yasunori Kikuchi

ジャーナル:


Energy
205, 118056, (2020)
https://doi.org/10.1016/j.energy.2020.118056

お問い合わせ


東京大学未来ビジョン研究センター
准教授 菊池康紀
https://ifi.u-tokyo.ac.jp/people/kikuchi-yasunori/