• 井出 博生

    Hiroo Ide
    特任准教授

主として組織内および公的統計の個票を中心としたデータ分析を基盤として、医療・介護資源の需要および供給に関する政策研究を行ってきた。近年は自治体や医療保険者とデータ分析を進めると共に、データヘルス計画の標準化等、健康と労働生産性について研究を実施している。病院運営の実務にも携わってきたことから、医療機関の経営および運営に関する教育的活動にも携わっている。

研究分野
  • 医療政策
  • 健康政策
  • 病院管理
研究プロジェクト
  • データヘルス計画の標準化に関する研究
  • 中小企業における労働生産性の損失とその影響要因に関する研究
  • 子どもを対象とした生活習慣病予防プログラムに関する研究
略歴
  • 1996年3月
    慶應義塾大学環境情報学部卒業
  • 1998年3月
    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了
  • 1998年4月
    株式会社三菱総合研究所 研究員
  • 2002年12月
    東京大学医学部附属病院企画情報運営部 助手、助教
  • 2007年9月
    ハーバード大学公衆衛生大学院 フェロー
  • 2012年4月
    千葉大学医学部附属病院 高齢社会医療政策研究部 客員准教授
  • 2014年4月
    千葉大学医学部附属病院地域医療連携部、超高齢社会研究センター 准教授
  • 2018年4月
    東京大学政策ビジョン研究センターデータヘルス研究ユニット 特任准教授
出版物

1.Koike S, Matsumoto M, Kawaguchi H, Ide H, Atarashi H, Kotani K, Yasunaga H. Board certification and urban–rural migration of physicians in Japan. BMC Health Services Research 2018;18:615

2.Ide H, Doi S, Atarashi H, Fujita S, Koike S. The distance and chance of lifetime geographical movement of physicians in Japan: an analysis using the age-period-cohort model. Human Resources for Health 2018;16:26

3.Doi S, Ide H, Takeuchi K, Fujita S. Estimation and evaluation of future demand and supply of healthcare services based on a patient area model. Int J Environ Res Public Health 2017;14(11):1367

4.Atarashi H, Ide H, Koike S. Clinical Engineers Increasingly Appointed as Medical Equipment Safety Managers in Japan. Journal of Clinical Engineering 2016;41(3):127-133

5.Koike S, Matsumoto M, Ide H, Kashima S, Atarashi H, Yasunaga H. The effect of concentrating obstetrics services in fewer hospitals on patient access: a simulation. International Journal of Health Geographics 2016 Jan 22;15:4. doi: 10.1186/s12942-016-0035-y.

6.Doi S, Ide H, Ogawa S, Takabayashi K, Fujita S, Koike S. Probabilistic model to analyze patient accessibility to medical facilities using geographic information systems. Procedia Computer Science 2015;60:1631–1639.