SDGs協創研究ユニット 紛争下の資源採掘と人権侵害 – コンゴの紛争鉱物取引規制がもたらすメカニズム変化

図書

  • 林裕(2021)「対アフガニスタン援助―命の重さと「援助のあり方」」阪本公美子他編著『日本の国際協力 中東・アフリカ編 貧困と紛争にどう向き合うか』ミネルヴァ書房、2021年、65-73頁
  • 華井和代(2021)「対コンゴ民主共和国援助―援助は政治腐敗と人権侵害に立ち向かえるか」阪本公美子他編著『日本の国際協力 中東・アフリカ編 貧困と紛争にどう向き合うか』ミネルヴァ書房、2021年、236-243頁
  • 米川正子(2021)「対ルワンダ援助―ジェノサイド後に注目される「アフリカの奇跡」の実態」阪本公美子他編著『日本の国際協力 中東・アフリカ編 貧困と紛争にどう向き合うか』ミネルヴァ書房、2021年、250-253頁
  • 華井和代(2021)「未知への想像力を育成する――学校教育における国際協力の語られ方」松本悟・佐藤仁編『国際協力と想像力:イメージと「現場」のせめぎ合い』日本評論社、117-144頁
  • 林裕(2021)「安全だから「援助」するのか、安全の「ため」に援助するのか:アフガニスタンと中村哲医師」松本悟・佐藤仁編『国際協力と想像力:イメージと「現場」のせめぎ合い』日本評論社、53-81頁
  • Masako Yonekawa and Akiko Sugiki (eds.) (2020) Repatriation, Insecurity, and Peace, Springer
  • Masako Yonekawa 「Post-Genocide Rwandan Refugees, Why They Refuse to Return ‘Home’; Myths and Realities」, Springer, 156頁, 2020

  • 論文

    • Jean-Claude Maswana (2020) “African Economies in the Shadow of China: Effects of Bilateral Trade Structure on Economic Growth in Africa” Foreign Trade Review, Vol.55, Issue 1, 80-92
    • Koji Oishi and Kentaro Sakuwa (2020) “Structural balance of alliance and rivalry networks in international relations” arXiv, 1-10
    • 華井和代(2020)「アフリカにおける気候変動と紛争」開発研究者協会(SRID)ジャーナル第18号
    • 華井和代(2020)「コンゴ民主共和国における鉱物採掘と紛争―資源とくらす人々」難民研究フォーラム機関誌『難民研究ジャーナル』第9号
    • 華井和代(2019)「コンゴ民主共和国における資源紛争問題の現状と課題」『国際問題』No.682 17-28頁

    • コラム

      • 華井和代(2020)「コンゴ民主共和国の鉱物と紛争」『地理』第780号、明治図書、93-99頁
      • 華井和代(2020)「孤闘するデニ・ムクウェゲ医師-感染症と国境閉鎖のなかで」『世界』第 933号、岩波書店、69-73頁

      • 学会発表

        • Jean-Claude Maswana, Gouranga Das, and Yumeka Hirano (2021) “Germs, globalization, and trade spillovers: how could COVID-19 affect African economies and AfCFTA” 2021 American Economic Association, ASSA, Chicago, January 3, 2021.
        • 大石晃史(2020)“国際政治における敵対と友好のネットワーク構造”ネットワーク科学セミナー2020、2020年12月18日
        • Masako Yonekawa (2020) “The Root of Conflict-Related Sexual Violence Against Women and Men in astern Democratic Republic of Congo” 韓国アフリカ学会、2020年12月4日
        • 米川正子(2020)“強制移動と紛争下の性暴力―コンゴ女性難民の事例から”日本国際政治学会、2020年10月25日
        • Koji Oishi and Kentaro Sakuwa (2020) “Signed network structure of international relations” PaCSS and PolNet 2020 conference, August 12, 2020.
        • Jean-Claude Maswana (2020) “Exploring a trilateral partnership Africa-EU-China within the framework of the Belt-and-Road Initiative (BRI)” WEAI 95th Annual Conference, Denver, Colorado, June 26, 2020.
        • 米川正子(2020)“なぜコロナ危機中も紛争が止まらず、住民が移動を強いられるのか”日本平和学会大会、2020年5月31日
        • 米川正子(2020)“コンゴ民主共和国におけるアメリカの責任:パワーダイナミクス、「虐殺」とルワンダ難民の強制帰還”日本アフリカ学会東京外国語大学大会、2020年5月23日
        • Koji Oishi (2020) “Network Analysis of Global Aid Flow and the Positions of UN Agencies and Offices” 2020: UN @ 75: The Future of Partnership and Multilateralism, Academic Council on the United Nations System June 26, 2020.
        • Koji Oishi (2019) “Network analysis for the split and merger dynamics of armed groups” Political Network Conference 2019
        • Koji Oishi and Takayuki Hiraoka (2019) “Genealogical Network Analysis of Social Group Evolution” Conference on Complex Systems 2019
        • Koji Oishi and Kentaro Sakuwa (2019) “Evolution of alliance and rivalry networks in international relations” The 8th International Conference on Complex Networks and their Applications
        • Takayuki Hiraoka and Koji Oishi (2020) “Genealogical network analysis of social group evolution” NetSciX 2020
        • Koji Oisi (2019) “The split and merger dynamics of armed groups in the Democratic Republic of Congo” Colloque du Cercle des Economistes Congolais, Brussels (Belgium), September 7, 2019
        • 米川正子 (2019) “ムクウェゲ医師のノーベル平和賞受賞:国際社会の責任を問い直す、コンゴ東部における忘れられた「虐殺」と罪” 日本アフリカ学会、京都精華大学、2019年5月19日
        • Masako Yonekawa (2019) “Responsabilité des États-Unis en RDC: dynamique de pouvoir, génocide et rapatriement forcé de réfugiés” Colloque du Cercle des Economistes Congolais, Brussels (Belgium), September 7, 2019
        • 華井和代 (2019) “ムクウェゲ医師のノーベル平和賞受賞:国際社会の責任を問い直す コンゴ東部における紛争鉱物と性暴力の関係” 日本アフリカ学会、京都精華大学、2019年5月19日
        • Jean-Claude Maswana (2019) “2018 Nobel Peace Prize Dr. Mukwege as a development actor” 日本アフリカ学会、京都精華大学、2019年5月19日