SDGs協創研究ユニット

気候変動と水資源をめぐる国際政治のネクサス プロジェクト


ワーキングペーパー2020

  • ロベルト・オルシ「エコロジー的近代化とその限界」(2021年3月)
  • 清水 展「アフガニスタン復興支援と平和構築をめぐる国際政治のもつれあい
    ―中村哲医師・ペシャワール会の灌漑事業の現場から見る―」
    (2021年3月)
  • 錦田 愛子「イスラエル・パレスチナの水紛争―技術発展および気候変動がもたらす影響」(2021年3月)
  • 華井 和代「気候変動から紛争への経路:アフリカ・サヘルを事例に」(2021年3月)
  • 永野 和茂「カシミール紛争における気候リスクとその政治的影響」(2021年3月)
  • イー・クアン・ヘン「気候変動と紛争のネクサスおよび英国とシンガポールの国家リスク評価」(2021年3月)
  • ナジア・フサイン「豊かな時代の「欠乏」:マニラ首都圏における水、統治、日々の政治」(2021年3月)
  • 杉山 昌広「太陽放射改変は紛争を激化させるのか」(2021年3月)
  • 和田 毅「水紛争はどこで起きているのか―各種データベースの比較検討を通じて」(2021年3月)
  • 城山 英明「多国間主義のレジリエンス―気候変動対応の場合」(2021年3月)
  • 中溝 和弥「気候変動と民主主義―インド・ビハール州における洪水とその政治的含意―」(2021年8月)
  • 竹中 千春「2020年代のグローバルな課題としての気候変動とパンデミック:国民国家と国際社会は人々の生命を救うことができるのか」(2021年9月)

  • 図書

    • 錦田愛子(編著), 近藤敦, 陳天璽他『政治主体としての移民/難民――人の移動が織り成す社会とシィティズンシップ』(明石書店), 2020年, 288頁.
    • 清水展『出来事の民族誌─フィリピン・ネグリート社会の変化と持続─』(九州大学出版会)(1990年出版の新装版), 2019年, 392頁.
    • Hiromu Shimizu, Grassroots Globalization : Reforestation and Cultural Revitalization in the Philippine Cordilleras,Quezon City; Ateneo de Manila University Press,2019, pp469 


    • 論文

      • Yee-Kuang Heng, “Security Risks”,The Encyclopedia of Risk Research, Society for Risk Analysis Japan, Maruzen Publishing, 2019.
      • 華井和代 「アフリカにおける気候変動と紛争」, 『開発研究者協会(SRID)ジャーナル』第18号, 2020年, 1-9頁.
      • 竹中千春「インド民主主義とアイデンティティ政治―国民、カースト、宗教の競合―」, 日本比較政治学会編『アイデンティティと政党政治』(ミネルヴァ書房), 2019年, 54-79頁.

      • 学会発表

        • Roberto Orsi, “Japan’s Foreign Policy: Strategies, Priorities, Challenges & Opportunities”, Talk given at the Center for Education and Training, Ministry of Foreign Affairs of Indonesia, Jakarta (Indonesia), July 29, 2019.
        • Takeshi Wada, “Violence, Protest, or Convention? A Comparison of the Strategic Patterns in Contentious Politics around the World”, International Visiting Scholars Lunch Talks. Jack W. Peltason Center for the Study of Democracy, University of California Irvine (USA), 2019.
        • Nazia Hussain, “Scarcity and Contention in Cities in the Global South: Evidence from Karachi and Manila”, the American Political Science Association Convention, Washington D.C. (USA), August 29- September 1, 2019.
        • 中溝和弥, “2019 General Election and the Formation of the BJP system in India”, 2019年度アジア政経学会秋季大会, 南山大学, 名古屋, 2019年11月30日.
        • 杉山昌広,「気候工学(ジオエンジニアリング)」,エネルギー・資源学会 2019年度第4回エネルギー政策懇話会,構造計画研究所 本所新館,東京,2019年11月18日.

        • 当プロジェクト研究会発表

          • 藤原帰一, “Sustainable Development in Age of Deglobalization:The SDGs Mystery”, 科研費基盤研究(A)「気候変動と水資源をめぐる国際政治のネクサス-安全保障とSDGsの視角から」第1回研究会, 東京大学, 東京, 2019年.
          • 城山英明, “Governance of Interconnected Risk-The Case of Climate Change from Comparative Perspective”, 科研費基盤研究(A)「気候変動と水資源をめぐる国際政治のネクサス-安全保障とSDGsの視角から」第1回研究会, 東京大学, 東京, 2019年.
          • Kazushige Nagano, “Kashmir and Floods: Climate Change and New Risks on the Contested Land”, The Third Research Meeting of the JSPS-Research Project “The Nexus of International Politics in Climate Change and Water Resource.” Institute for Future Initiative, The University of Tokyo, Tokyo (Japan), 2019
          • Vindu Mai Chotani, “Water Nationalism in South Asia: The Case of the Trans-Himalayan Tributary”, The Third Research Meeting of the JSPS-Research Project “The Nexus of International Politics in Climate Change and Water Resource.” Institute for Future Initiative, The University of Tokyo, Tokyo (Japan), 2019
          • 紛争下の資源採掘と人権侵害 – コンゴの紛争鉱物取引規制がもたらすメカニズム変化

            図書

            • 林裕(2021)「対アフガニスタン援助―命の重さと「援助のあり方」」阪本公美子他編著『日本の国際協力 中東・アフリカ編 貧困と紛争にどう向き合うか』ミネルヴァ書房、2021年、65-73頁
            • 華井和代(2021)「対コンゴ民主共和国援助―援助は政治腐敗と人権侵害に立ち向かえるか」阪本公美子他編著『日本の国際協力 中東・アフリカ編 貧困と紛争にどう向き合うか』ミネルヴァ書房、2021年、236-243頁
            • 米川正子(2021)「対ルワンダ援助―ジェノサイド後に注目される「アフリカの奇跡」の実態」阪本公美子他編著『日本の国際協力 中東・アフリカ編 貧困と紛争にどう向き合うか』ミネルヴァ書房、2021年、250-253頁
            • 華井和代(2021)「未知への想像力を育成する――学校教育における国際協力の語られ方」松本悟・佐藤仁編『国際協力と想像力:イメージと「現場」のせめぎ合い』日本評論社、117-144頁
            • 林裕(2021)「安全だから「援助」するのか、安全の「ため」に援助するのか:アフガニスタンと中村哲医師」松本悟・佐藤仁編『国際協力と想像力:イメージと「現場」のせめぎ合い』日本評論社、53-81頁
            • Masako Yonekawa and Akiko Sugiki (eds.) (2020) Repatriation, Insecurity, and Peace, Springer
            • Masako Yonekawa 「Post-Genocide Rwandan Refugees, Why They Refuse to Return ‘Home’; Myths and Realities」, Springer, 156頁, 2020

            • 論文

              • Jean-Claude Maswana (2020) “African Economies in the Shadow of China: Effects of Bilateral Trade Structure on Economic Growth in Africa” Foreign Trade Review, Vol.55, Issue 1, 80-92
              • Koji Oishi and Kentaro Sakuwa (2020) “Structural balance of alliance and rivalry networks in international relations” arXiv, 1-10
              • 華井和代(2020)「アフリカにおける気候変動と紛争」開発研究者協会(SRID)ジャーナル第18号
              • 華井和代(2020)「コンゴ民主共和国における鉱物採掘と紛争―資源とくらす人々」難民研究フォーラム機関誌『難民研究ジャーナル』第9号
              • 華井和代(2019)「コンゴ民主共和国における資源紛争問題の現状と課題」『国際問題』No.682 17-28頁

              • コラム

                • 華井和代(2020)「コンゴ民主共和国の鉱物と紛争」『地理』第780号、明治図書、93-99頁
                • 華井和代(2020)「孤闘するデニ・ムクウェゲ医師-感染症と国境閉鎖のなかで」『世界』第 933号、岩波書店、69-73頁

                • 学会発表

                  • Jean-Claude Maswana, Gouranga Das, and Yumeka Hirano (2021) “Germs, globalization, and trade spillovers: how could COVID-19 affect African economies and AfCFTA” 2021 American Economic Association, ASSA, Chicago, January 3, 2021.
                  • 大石晃史(2020)“国際政治における敵対と友好のネットワーク構造”ネットワーク科学セミナー2020、2020年12月18日
                  • Masako Yonekawa (2020) “The Root of Conflict-Related Sexual Violence Against Women and Men in astern Democratic Republic of Congo” 韓国アフリカ学会、2020年12月4日
                  • 米川正子(2020)“強制移動と紛争下の性暴力―コンゴ女性難民の事例から”日本国際政治学会、2020年10月25日
                  • Koji Oishi and Kentaro Sakuwa (2020) “Signed network structure of international relations” PaCSS and PolNet 2020 conference, August 12, 2020.
                  • Jean-Claude Maswana (2020) “Exploring a trilateral partnership Africa-EU-China within the framework of the Belt-and-Road Initiative (BRI)” WEAI 95th Annual Conference, Denver, Colorado, June 26, 2020.
                  • 米川正子(2020)“なぜコロナ危機中も紛争が止まらず、住民が移動を強いられるのか”日本平和学会大会、2020年5月31日
                  • 米川正子(2020)“コンゴ民主共和国におけるアメリカの責任:パワーダイナミクス、「虐殺」とルワンダ難民の強制帰還”日本アフリカ学
                    会東京外国語大学大会、2020年5月23日
                  • Koji Oishi (2020) “Network Analysis of Global Aid Flow and the Positions of UN Agencies and Offices” 2020: UN @ 75: The Future of Partnership and Multilateralism, Academic Council on the United Nations System June 26, 2020.
                  • Koji Oishi (2019) “Network analysis for the split and merger dynamics of armed groups” Political Network Conference 2019
                  • Koji Oishi and Takayuki Hiraoka (2019) “Genealogical Network Analysis of Social Group Evolution” Conference on Complex Systems 2019
                  • Koji Oishi and Kentaro Sakuwa (2019) “Evolution of alliance and rivalry networks in international relations” The 8th International Conference on Complex Networks and their Applications
                  • Takayuki Hiraoka and Koji Oishi (2020) “Genealogical network analysis of social group evolution” NetSciX 2020
                  • Koji Oisi (2019) “The split and merger dynamics of armed groups in the Democratic Republic of Congo” Colloque du Cercle des Economistes Congolais, Brussels (Belgium), September 7, 2019
                  • 米川正子 (2019) “ムクウェゲ医師のノーベル平和賞受賞:国際社会の責任を問い直す、コンゴ東部における忘れられた「虐殺」と罪” 日本アフリカ学会、京都精華大学、2019年5月19日
                  • Masako Yonekawa (2019) “Responsabilité des États-Unis en RDC: dynamique de pouvoir, génocide et rapatriement forcé de réfugiés” Colloque du Cercle des Economistes Congolais, Brussels (Belgium), September 7, 2019
                  • 華井和代 (2019) “ムクウェゲ医師のノーベル平和賞受賞:国際社会の責任を問い直す コンゴ東部における紛争鉱物と性暴力の関係” 日本アフリカ学会、京都精華大学、2019年5月19日
                  • Jean-Claude Maswana (2019) “2018 Nobel Peace Prize Dr. Mukwege as a development actor” 日本アフリカ学会、京都精華大学、2019年5月19日