• 華井 和代

    kazuyo hanai
    講師
経歴

筑波大学人文学類卒(歴史学)、同大学院教育研究科修士課程修了(教育学修士)。成城学園中学校高等学校での教師を経て、東京大学公共政策大学院専門職学位課程修了(国際公共政策学修士)、同大学院新領域創成科学研究科博士課程修了(国際協力学博士)。東京大学公共政策大学院特任助教を経て2018年4月より現職。コンゴの紛争資源問題と日本の消費者市民社会のつながりを研究。2019年にNPO法人RITA-Congoを設立し、共同代表に就任した。また、元高校教師の経験を生かして平和教育教材を開発・実践している。主著は『資源問題の正義―コンゴの紛争資源問題と消費者の責任』(東信堂、2016年)

研究分野、関心領域
  • アフリカの紛争資源問題
  • 国際紛争研究
  • 開発研究
  • 平和教育
学位
  • 国際協力学博士
  • 専門修士(国際公共政策)
  • 教育学修士
  • 歴史学士
学歴
  • 2015年3月
    東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了
  • 2011年4月
    東京大学公共政策大学院専門職学位課程修了
  • 2000年3月
    筑波大学大学院教育研究科修士課程修了
  • 1998年3月
    筑波大学第一学群人文学類卒業
職歴
  • 2015年4月‐2018年3月
    東京大学公共政策大学院 特任助教
  • 2001年4月‐2007年3月
    成城学園中学校高等学校 教諭
  • 1999年4月‐2001年3月
    筑波大学附属坂戸高等学校 非常勤講師
主要研究業績 査読付き学術論文

「グローバル社会の中の自分」をとらえる社会科教育-コンゴの紛争資源問題を教材として」日本社会科教育学会『社会科教育研究』134号、10-22頁、2018年.

「平和の主体としての消費者市民社会―コンゴの紛争鉱物取引規制をめぐって」日本平和学会『平和研究』第42号、101-123頁、2014年.

「紛争解決への取り組みを学ぶ国際平和学習―リビア紛争に対する国際連合の取り組みを事例として」日本社会科教育学会『社会科教育研究』No.118、15-27頁、2013年.(日本社会科教育学会賞(論文部門)受賞論文).

「地域紛争学習に関する一考察―高校地歴史科・公民科における実践調査から」日本社会科教育学会『社会科教育研究』No.109、41-48頁、2010年.

「国際平和学習への取り組み―日米でのアンケート・授業実践から」中等社会科教育学会『中等社会科教育研究』第24号、57-68頁、2005年.

「現代史における地域紛争の学習と平和教育」筑波大学社会科教育学会『筑波社会科研究』第20号、15-25頁、2001年.

査読なし学術論文・論説

「気候変動から紛争への経路:アフリカ・サヘルを事例に」東京大学未来ビジョン研究センター(IFI) SDGs協創研究ユニット、科研費基盤Aプロジェクト「気候変動と水資源をめぐる国際政治のネクサス」2020年度ワーキングペーパー・シリーズ No.3、2021年3月.
https://ifi.u-tokyo.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/sdgs_wp_2020_hanai_jp.pdf

「コンゴ民主共和国における鉱物採掘と紛争―資源とくらす人々」難民研究フォーラム『難民研究ジャーナル』第9号、67-82頁、2020年.

「コンゴ民主共和国における紛争資源問題の現状と課題」日本国際問題研究所『国際問題』No. 682、17-28頁、2019年.
http://www2.jiia.or.jp/kokusaimondai_archive/2010/2019-06_003.pdf?noprint

「アフリカにおける気候変動と紛争」開発研究者協会『SRIDジャーナル』第18号、2019年.
http://www.sridonline.org/j/doc/j202001s03a01.pdf#zoom=100

著書(単著)

『資源問題の正義-コンゴの紛争資源問題と消費者の責任』東信堂、2016年.

著書(共著)

松本悟、佐藤仁編著『国際協力と想像力―イメージと「現場」のせめぎ合い』(執筆担当:第4章「未来への想像力を育成する」)日本評論社、2021年.

和井田清司他編著『中等社会科100テーマ:「地理総合・歴史総合・公共」授業づくりの手引き』(執筆担当:公共25「世界の平和を築く」)三恵社、2019年.

Maswana, Jean-Claude edit [2018] Développement économique et sécurité en République démocratique du Congo, (執筆担当:第2章“La question de minerais de conflit en RDC dans la perspective de la société japonaise”) Editions L’Harmattan, Paris, 2018.

日本社会科教育学会編『社会科教育の今を問い、未来を拓く: 社会科(地理歴史科、公民科)授業はいかにしてつくられるか』(執筆担当:第11章「模擬体験で学ぶシリア紛争と難民受け入れ問題―「当事者」として考える国際政治―」)東洋館出版社、2016年.

中等社会科教育学会編『中等社会科 21世紀型の授業実践―中学校・高等学校の授業改善への提言』学事出版(執筆担当:第3部第5章「消費者市民社会をめざす社会科教育実践―コンゴの紛争資源問題と日本の消費生活のつながり」)学事出版、2015年.

コラム

「孤闘するデニ・ムクウェゲ 医師ー感染症と国境閉鎖のなかで」『世界』第933号、岩波書店、2020年6月、69-73頁.

「コンゴ民主共和国の鉱物と紛争」『地理』第780号、明治図書、2020年5月、93-99頁.

「コンゴ民主共和国の紛争資源問題」アフリカ協会『アフリカ』58巻2号、34-39頁、2018年.

「学生の社会参加としての被災地支援活動」中等社会科教育学会『中等社会科教育研究』第31号、17-22頁、2013年.

「イスラエル・パレスチナ問題と暮らす人々」中等社会科教育学会『中等社会科教育研究』第29号、43-45頁、2012年.

「唐辛子で見る日本と韓国の文化」谷川彰英編著『日韓交流授業と社会科教育』明石書店、173-183頁、2005年.

資金獲得業績

日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究課題:紛争下における資源採掘と人権侵害
代表者区分:研究代表者
研究期間:2019年4月 – 2022年3月

三菱財団 人文科学研究助成
研究課題:コンゴの紛争資源問題と性暴力に対する先進国の責任
代表者区分:研究代表者
研究期間:(1回目)2017年10月 – 2019年3月
     (2回目)2019年10月 – 2021年3月

野村財団 研究助成
研究課題:「グローバル・ルール」としての紛争鉱物取引規制の実態
代表者区分:研究代表者
研究期間:2018年4月-2020年3月

旭硝子財団 研究奨励
研究課題:コンゴの紛争資源問題に対する日本の消費者市民社会の対応
代表者区分:研究代表者
研究期間:2016年4月 – 2018年3月