Q-station 更新のお知らせ

データヘルスを活用した子どもの頃からの生活習慣病予防
―静岡県・静岡県教育委員会・東京大学の共創による出前授業―
Q-station

今回は、小学6年生を対象に保健の授業の一環として行った出前授業をご紹介します。
特定健診データなど静岡県独自の資料や工夫を盛り込んだ教材を使ったことで、生活習慣病の予防が子ども達にも「自分ごと」となっただけでなく、保護者や教員の皆さんにも良い影響があったことがうかがえる取組となりました。
ぜひご覧ください。