データヘルス研究ユニット

趣旨

超少子高齢社会・日本では、社会保障費の上昇や生産年齢人口の減少に伴う生産性低下などの構造的な課題を内在しており、国民への健康投資の重要性が増しています。
政府の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針)2016」において、国民皆保険制度に導入された「データヘルス注1)」によって国民のQuality of Lifeを高めること、そして企業の「健康経営注2)」との連携を徹底することで生産性の向上に資することが掲げられました。
さらに、「骨太方針2017」では、データヘルスは地域の活性化に寄与するインフラとしても位置づけられています。
本研究ユニットでは、データヘルスによる日本の健康課題の”見える化”と課題解決策の”パターン化”を通して、健康施策の実行性および質の向上を図ることを目指します。

注1)データヘルス
医療保険者が健診・レセプトデータ等を活用して実施する予防医学的アプローチ。計画、実施、評価、見直しのPlan-Do-Check-Actのサイクルで構成されます。日本再興戦略2013で医療保険者による実施が掲げられました。

注2)健康経営
重要な経営資源である社員の健康に投資することで、社員の仕事へのモチベーションを高め、創造性の高い組織づくり、生産性向上を図る新しい経営戦略。日本再興戦略・改訂版2014でその推進が掲げられました。「健康経営」という用語は「特定非営利活動法人・健康経営研究会」の登録商標です。

研究内容

健康課題に応じた解決策の立案および実施に資するよう、データヘルスの標準化に関する研究を進めます。これにより、医療保険者や企業、自治体による事業運営の円滑化と事業効果の向上の実現が期待されます。

また、全国レベルでのデータヘルスの検証を通じて、健康施策のあり方と関連資源の最適配分に関する政策提言を行います。

プロジェクト
研究成果

論文掲載


Hiramatsu Y, Ide H, Tsuchiya A, Furui Y.Examining proximity to death and health care expenditure by disease: a Bayesian-based descriptive statistical analysis from the National Health Insurance database in Japan. Health Economics Review. 12(6):187–196.

学会発表


2021年12月21日~23日 第80回日本公衆衛生学会総会にて発表を行いました。

村松賢治、中尾杏子、井出博生、古井祐司
「都道府県別の健康経営優良法人認定制度(中小規模法人部門)の推進要因に関する研究」

山口真寛、北原陽子、井出博生
「事業主(社長)の健康状態と健康経営の取り組みや業態との関連」

高田理浩、山本麻以、東江咲乃、古井祐司
「企業労働生産性視点から考えるアミノ酸濃度バランス検査のがん種別有用性に対する考察」

上村晴子、中尾杏子、井出博生、古井祐司
「子ども向け健保だよりの意味づけ-第1報」

中尾杏子、井出博生、古井祐司
「健康保険組合における特定保健指導の方法・体制のパターン分析」

学会発表


2021年9月10日~24日 第62回人間ドック学会学術大会にて発表を行いました。
古井祐司
「「データヘルス計画」における健診機関の役割」


研究成果一覧 >

お知らせ