データヘルス研究ユニット

趣旨

超少子高齢社会・日本では、社会保障費の上昇や生産年齢人口の減少に伴う生産性低下などの構造的な課題を内在しており、国民への健康投資の重要性が増しています。
政府の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針)2016」において、国民皆保険制度に導入された「データヘルス注1)」によって国民のQuality of Lifeを高めること、そして企業の「健康経営注2)」との連携を徹底することで生産性の向上に資することが掲げられました。
さらに、「骨太方針2017」では、データヘルスは地域の活性化に寄与するインフラとしても位置づけられています。
本研究ユニットでは、データヘルスによる日本の健康課題の”見える化”と課題解決策の”パターン化”を通して、健康施策の実行性および質の向上を図ることを目指します。

注1)データヘルス
医療保険者が健診・レセプトデータ等を活用して実施する予防医学的アプローチ。計画、実施、評価、見直しのPlan-Do-Check-Actのサイクルで構成されます。日本再興戦略2013で医療保険者による実施が掲げられました。

注2)健康経営
重要な経営資源である社員の健康に投資することで、社員の仕事へのモチベーションを高め、創造性の高い組織づくり、生産性向上を図る新しい経営戦略。日本再興戦略・改訂版2014でその推進が掲げられました。「健康経営」という用語は「特定非営利活動法人・健康経営研究会」の登録商標です。

研究内容

健康課題に応じた解決策の立案および実施に資するよう、データヘルスの標準化に関する研究を進めます。これにより、医療保険者や企業、自治体による事業運営の円滑化と事業効果の向上の実現が期待されます。

また、全国レベルでのデータヘルスの検証を通じて、健康施策のあり方と関連資源の最適配分に関する政策提言を行います。

プロジェクト
研究成果

記事掲載


「生活習慣病の予防法学ぶ 富士・天間小で出前授業」
静岡新聞 東部版 2019年11月12日 朝刊

書籍


平松雄司(共著)
「入門 Rによる予測モデリング――機械学習を用いたリスク管理のために」
東京図書 2019年11月刊行

学会発表


2019年10月23日~25日 第78回日本公衆衛生学会総会
シンポジウム3「中小企業と地域における健康経営の課題」にて、井出博生特任准教授がシンポジストとして登壇しました。
また、当研究ユニットから村松賢治受託研究員が「従業員向け半構造化インタビュー調査による健康経営の効果に関する定性分析」、濱松由莉受託研究員が「市町村国保における特定健診・特定保健指導の実施状況;A県内保険者での実施調査」を報告しました。

 


研究成果一覧 >

お知らせ