データヘルス研究ユニット

趣旨

データヘルス研究ユニットは、予防医学的な介入策に関して、どのような対策が効果的かという疫学的な知見に依拠しつつ、どのようにすれば介入策が実社会で実現されるかについて、組織と個人のレベルからのエビデンス構築と、そのためのデータの整備、評価手法の構築を行っています。

プロジェクト
研究成果

論文掲載


志村哲祥, 石橋由基, 横井克典, 西川朋希, 岬昇平, 小嶋麻美, 今泉佑花, 古井祐司, 井上猛
「生活習慣と睡眠の問題が精神的不調に与える影響についての縦断的分析」
精神神経学雑誌 2023;125(1):27-41

記事掲載


古井祐司, 中尾杏子
「データヘルスで進展するコラボヘルス」
産業保健21 2023;111:8-9

記事掲載


平松雄司
「データヘルスが映し出す日本の終末期医療」
健康保険 2022;76(11):16-21


研究成果一覧 >

お知らせ