グローバル・コモンズ・センター

趣旨

私たち人類は今、人類史の重大な岐路に立っています。人間が地球環境を支配する新たな地質時代「人新世(Anthropocene)」が始まったとされる20世紀半ば以降、人類は地球に巨大な負荷をかけ続け、地球システムの限界(Planetary Boundaries)をあちこちで踏み越えています。異常気象の頻発や新型コロナなど新たな人獣共通感染症の発生など、その深刻な帰結が目の前で起こっています。このままでは間もなく、1万年にわたり人類文明を育んできた安定した地球環境は大きくバランスを崩し、人類社会は危機に瀕することでしょう。

私たちは、急いで地球という人類の共有財産(Global Commons)を守る方法を見つけ、合意し、行動しなければなりません。具体的には、エネルギー、食料、資源循環、都市といった地球システムに大きな影響を与える社会・経済システムを大転換し、人類と地球が共に持続可能な未来を築く必要があります。急速に発展するデジタル技術とデータ、すなわちサイバー空間を正しく活用し、この転換を加速することもできます。

当センターは、このような認識の下、グローバル・コモンズの責任ある管理(Global Commons Stewardship) に関する国際的に共有される知的枠組みの構築を進めます。それは、今世紀半ばまでに地球環境の限界内での持続可能な開発を達成するための統合的なシナリオ経路や政策・ビジネスのガイダンスとなる指標等に展開され、実践されるものです。

また、その枠組みに基づき、エネルギー、食料、資源循環、都市など主な社会・経済システムの転換を、ビジネスはじめ様々なステークホルダーと連携して促進します。(multi-stakeholder coalition)

東京大学は、人類が直面する挑戦への根本的な解決策を探求するために、アカデミアの境界を超えた幅広い分野のリーダー達との協創を通じ、社会変革を駆動する主導的な役割を果たそうとしています。本センターは、その一翼を担います。

研究内容

第一段階(2020-2022年度)では、以下の2つの柱について、本センターや東京大学内の関係部門および海外の諸機関と連携のもと研究と実践を行います。

  1. Global Commons Stewardship Framework with Indexの開発。これは、Global Commons 概念の研究、科学に基づく社会・経済システム転換を通じた地球環境の限界範囲内における持続可能な人類社会実現のシナリオ経路、各国のGlobal Commons Stewardshipへの貢献を測定する指標で構成されます。また、それによる各国の比較が、国際社会の政策議論を刺激することも期待されます。さらにサイバー空間のあり方とGlobal Commons Stewardshipの関連も検討します。
  2. Circular Economyの実現と食料システムの転換を優先テーマに、社会・経済システム転換の具体的道筋の研究と実践。ここでは、ビジネス、政策決定、市民社会のリーダー達が共通目標と説明責任を伴う行動計画のもとに協働するMulti-stakeholder Coalitionのアプローチを重視し、国内外の関係者の連携を促進します。
お知らせ