• 芳川 恒志

    Hisashi Yoshikawa
    公共政策大学院 特任教授
経歴

1981年東京大学法学部卒業。通商産業省(現経済産業省)入省。情報政策企画室長、独立行政法人日本貿易保険(NEXI)ニューヨーク事務所長、資源エネルギー庁石油流通課長、在ジュネーブ日本政府代表部参事官、サービス政策課長等を経て、2006年から2011年9月まで国際エネルギー機関(IEA)及び経済開発協力機構(OECD)で勤務し、長期戦略担当特別補佐官、科学技術産業局次長などを歴任。その間、世界エネルギー展望の策定や各国のエネルギー・環境政策のレビュー、イノベーション政策の立案、調整等に貢献。2011年9月より現職。2016年より笹川平和財団顧問及びキヤノングローバル戦略研究所上席研究員を兼務。

主な出版物一覧

List of your research publications such as papers, books and journal articles. Instead you can indicate a URL where the information is available.

芳川恒志, 日下一正, 2015. 第11章 シェール革命と政策的考察:我が国へのインプリケーション.

『シェール革命再検証』 エネルギーフォーラム, pp. 311-336.

Sugiyama, M., Sakata, I., Shiroyama, H., Yoshikawa, H. and Taniguchi, T., 2016. Research management: Five years on from Fukushima. Nature, 531(7592), pp. 29-31.

Shiroyama, H., Yoshikawa, H., Sato, C. and Orsi, R., 2015. The Future of Energy Policy in East Asia. Handbook of Clean Energy Systems. Wiley CO.

UTokyo Policy Alternatives Research Institute (PARI) The University of Tokyo, (2015) “Improving Electricity Access in Myanmar: A Bottom-up Perspective”

2017.11.16 CIGS 国際シンポジウム 「イノベーションによる地球温暖化問題解決へのビジョン」 要旨

2016.07.01 Ir. Dr. Sanjayan Velauthamセミナー “Energy Outlook and Challenges of ASEAN” 発表要旨